プリンセスクルーズを体験して

生涯初の船の周遊、プリンセスクルーズをめぐってきました。

こういう針路は、羽田からアメリカの忘失へ飛び、1泊。

忘失からハワイへ、18日間の船の周遊でした。

帰りは、メキシコ経由で忘失へ帰宅。そうして羽田へ帰るプランだ。

乗船の時は、目の前に、大きな真っ白いリッチ客船がありました。

船内では、ツーリストを飽きさせないように、快楽の各種。

たとえば、ミュージカル、舞踊講義、競り市、クラブにエステティックサロンなど、数字を上げれば多くだ。

一年中も時間だと感じたことがなかったでした。

船内のインサイドも歩き回っていると、可愛い運動量になります。

また、どうしても行きたいだ。

習い事

彼にすすめられて、テニススクールに通い始めました。

大人になってからはようやくとなる習い事だ。

超新人なので練習は45パイといった短く、無料の託児もあるので2年代の娘を連れて行っても安心です。

彼は先輩なので、中エリートの地位に通っていますが、共通の嗜好が新しく増えたのはどうしても良かったです。

随時母親に娯楽に来てもらったところ間隔をもらって彼って2人でテニスを楽しんでいます。

あたしがちょっと下手なので、ストロークもままならないですが、でも練習に通う前とこれからは全然違う。

彼も顧客が出来て楽しい体つきで、ボールを買い足して医者直感でガイドラインしながら教えて頂ける。

娘がラケットを持てるようになったら一緒にテニスコートを走りたいと思います。

日焼けした結果・・・

日焼けして、既に人肌の色合いが小麦色になっているあたいですが、

専業の都合上、日差しの強いミドル、マイカーで移動する事が多くて

運転していると、何だか戦法と拳固(関節から戦法にわたって)UVにあたって仕舞う調子。

暑いし日焼け講じるしでお断りなぁ・・・なんて思っていたのですが、

UVにあたって仕舞う戦法から拳固の部分に、赤いの湿疹が出来てしまいました。

信書で批判が耐え難いのですが、あせというような赤いツブツブだ。

けど、こうした拳固の世間にあせもなんて出来るのかな???

という、ネットで調べてみたら

どうやらお天道様・日光アレルギーと言うもののようです・・・

まったく、戦法はたいしてもないのですが、拳固の関節から戦法にわたって真っ赤な調子。

日焼けして不快なんて言ってる場合では無い状態になっております。

トホホ・・・

美貌にいいというけれど…

美肌のために、ネチョネチョごちそうが効果的だと一心に言われます。

例えば、納豆やオクラ、モロヘイヤや山芋など。

も、自分はどうやらあのネチョネチョした味覚が不向きだ。風味以前に、口の当事者や箸の先で糸を引いておるフィーリングがイヤなのです。

嫌いだけれど、これがおスキンに素晴らしいならば…

といった、捨て身になって作ったのが、3色あいネチョネチョ丼だ。

山芋をすりおろして、オクラのみじん切りといったひきわり納豆をトッピング。

味わい備え付けに刻みのりをちらして、いよいよ!

食べていらっしゃる間は絶えずスキンがテカテカになって行くあたしを思い描きながら、見習いとしていきなりかっこみました。

それにしても、最初にネチョネチョごちそうを食べたヤツは、根性があるな思いました。

まつげも育つ!

身は、ちいさいときから眉が淡くてまつ毛も短くて、アイメイクには苦労していました。

そういったなか、最近の慣習はまつ毛の美容液をぬることです。

身が使用しているものは2000円以内のもので、あまり有名なクレアトゥールではないのですが、ぬるといった塗らないでは何らちがいます。

予め、1正式1正式が厚くなりました。

また、正面よりぬけることも少なくなります。

そうして…長さも数字ミリ引き伸ばすことができました!

美容液を塗り関わるまえグングンマスカラは塗り易くなったし、まつ毛の根元がつよくなった力か、自然とカールもできているのでビューラーいらずになりました。

これからも続けてより、元気なまつ毛にしたいだ。

運動頑張っています!

徐々にランニングに行こうとしていたんですが、一気に雨が降ってきました。

さっきまでカンカン照りだったのに…

びっくりです。

仕方が無いので、近所にある市営の体育館にでも行こうと思います。

台数百円で選べるのでよりいいですよ。

ジョギングマシンや、筋トレマシンもあります。

シャワー部屋もあるので、帰りもサッパリ。

体育館で会心やるんですが、今どき、家内からクラブに入らないかと誘われている。

インテリアが綺麗で、マシンの種類もとっても豊富なんだとか。

ジャグジー付きお風呂もあるそうで、そう聞くと必ずそそられる…

けれど財産はどうにも要るので依然考え中だ。

面白く運動していきたいですね。

義お家から届いたナス

義お家の家族菜園でナスを収穫したという電話をいただきました。

「今日は麻婆茄子かなー?」としていたら、しばらくして義父露出。

持ってきたナスは僕が予想していた体積の3倍以上!

「今年は豊作でねー」と話していましたが、これだけたくさんのナスどうしよう?

こんな時はクックパッドアプリの露出!

ナスで検索していたら、まことにナスの冷凍保全技法が。

え?ナスって冷凍保全できるの?

経路は容易。

ナスを適当ながたいに切って水にさらし、あくカットしたらペーパータオルで水をふき取って冷凍カバンに入れて冷凍庫へ。

これなら大量のナスも解放できそうですね。

夕ごはんに作った麻婆茄子はおいしかっただよー。

言い出し上手、聞き上手

目下、90年齢のおばあちゃんと材料講じる機会がありました。

疾病で入院していますが、しっかりしていて誠にお元気なヒューマンだ。

も、耳が遠くてまぶたも悪いので、身近へ寄って大きな声で話さなければなりません。

横の女性は、おばあちゃんが何を言ってるか分からないと言います。

渡がおばあちゃんとお話しした限りでは、相談の内容も断然してるし、わからないことはないのです。

女性の気配を見ていると、おばあちゃんと話す時も自分のペースでまくし立て、ライバルが話し仕上げる前にまたしゃべり繰り出すので、そりゃ思い付かだろうなあ、と思いました。

ダイアログはお互いの足取りを揃えることが大事。

ライバルがお年寄りや児童ならここが結び付けるくらいの内面でいないとダメですね。

コミュニケーション能力が重視される近年、どれだけテーマを持ってるかも大事ですが、ライバルの相談をじっくり最後まで訊くことも大切だと再確認しました。

女の子支えたちといったごはん

自分は、ママ助っ人6それぞれとカテゴリーを創り、毎月一括払いLunchをめぐっています。

ちびっこの実態などで同行できないこともありますが、ほぼは6それぞれそろい、2年月以上談話しています。

Lunchのお会社を決めるのは当番制だ。

プライスは1000円から高くても2000円までとしているので、しばらく限られる周辺もあります。

6それぞれいるので、6回に1回は出向くお会社を決める番が回ってきます。

そのときは、みんなが気に入ってくれるかどうかが心配で、誠に意思を使います。

そうでないときは意思が楽で、心から楽しめます。

いつまで貫くかわからないけれど、できればこういうママ助っ人の輪を大切にしたいだ。